材質について

材質について

シールやステッカーの素材にはたくさんの種類がありますが、大きく分けて紙とフィルムの2つに分けることができます。
紙やフィルムにも様々な性質をもったものがあり、使用環境や用途に応じて使い分ける必要があります。
下記の素材表を参考にして、ステッカーやシールの規格を検討する際の参考にしてください。

[]材質について

素材名 特性・用途 デジシール
上質紙

表面サラッとした紙。破れます。
シール印刷は55Kタイプが多い(コピー紙位の厚さ)
主に商品のパッケージの裏側に張る事が多いです。

アート紙 光沢があまりなく、マットコートとも呼ばれます。つるっとした紙で発色が良く、使用しやすい紙です。破れます。
雑誌等でよく使われている紙で、それに粘着剤がついたものです。
パッケージそのものに使用することが多いです。
ミラーコート紙 キャストコート、グロスコートとも呼ばれる光沢のある紙で、発色が良く、使用しやすいです。破れます。パッケージ等、様々な用途で使用されています。
訂正用紙 上質・アート・ミラーコート紙それぞれございます。
主に価格の訂正や、印刷物の修正部分に貼ります。
紙の裏側(のり側)がグレーもしくは濃い色になっている為、地色が透けないのが特徴です。
和 紙 和紙は、紙の繊維や箔などによる模様がある紙です。破れます。高級感があるので、お酒のラベルや贈答品等に使われる事が多いです。
ホイル紙 ホイル紙は、ツヤ有、無しがあります。
折り紙の金や銀といった紙に粘着剤をほどこしたもので、紙のため破れます。
ケーキ箱のパッケージシールなどに良く使われます。
×
○=デジシールとしての使用が可能な素材です。


[フィルム]材質について

素材名 特性・用途 デジシール
ユポ紙 破れにくく、ラミネート加工をすればステッカーとして使われます。
食品のパッケージなどにも使われています。機材に貼り付けられることも多いです。
一般的にツヤがなくコシがありません。
当社ではステッカーで一番多く使用しています。
ネーマー ツヤ有、と無しがあります。色は金・銀。
PET系のフィルム、アルミ蒸着されたフィルムでステッカーや品番シールで長期使用されるものに使われる。ラミネート加工すればかなり耐久性が向上します。
透明(半透明) ツヤの有無があります。
パッケージなどにも使用されています。車のステッカーにも利用されています。ラミネート加工すればかなり耐久性が向上します。
PET(白) レーザープリンター用 ツヤの無いベースフィルム
コシが有りユポや塩ビとならぶ物で強度もあります。
ラミネートを加工すればすれば耐久性がUします。
塩 ビ ツヤの有無があります。
環境問題で議論になっていますが、自動車のステッカー、デカール、PCラベルの用途など多くの分野で使用されています。柔らかいものがあり看板やカッティングシートの材質として多く用いられています。
×
ラミネート
フィルム
OPP
一般的なフィルム
保護剤としての用途で利用されます。
あまり耐光性はないです。
×
ラミネート
フィルム
PET
ベースとの相性が良く、同じもので作成できます。
耐光性があります。
×
ラミネート
フィルム
サンカットラミ
紫外線95%以上をカットできます。
高価ですが、非常に耐久性に優れています。
×
○=デジシールとしての使用が可能な素材です。




サイト名: シール・ステッカー・ラベル・印刷・広告制作のことなら   http://n-seal.co.jp
この記事のURL:   http://n-seal.co.jp/modules/tinyd1/index.php?id=1